日記帳

日記

MinGW のインストール

久しぶりに MinGW をインストールする.
いつの間にか MinGWインストーラも様変わりしているようなのでインストール手順を記録.

MinGW インストーラの取得

http://www.mingw.org/ の Download から以下の順番にたどって
最新版の mingw-get-inst-20110530.exe を取得します.

コンパイラと MSYS のベースシステムをインストール

mingw-get-inst-20110530.exe を起動



インストールするパッケージのリポジトリの設定.以下のいずれかを選ぶ.

  • 特定の時点でパッケージングしたものをインストール
  • 各パッケージの最新版をインストール


ライセンスへの同意.「I accept the agreement」 をチェックして次へ.


インストール先のフォルダの設定.今回はデフォルトの「C:\MinGW」へインストールします.


メニューへの登録名の設定.今回はデフォルトの「MinGW」のまま次へ.


インストールするコンポーネントの設定.以下のパッケージから選択します.

  • MinGW Compiler Suite
    • C Compiler
    • C++ Compiler
    • Fortran Compiler
    • ObjC Compiler
  • MSYS Basic System
  • MinGW Developer Toolkit

今回はすべてインストールするのですべてにチェックを付けました.


設定内容を確認したうえでインストール開始.


しばらくパッケージのダウンロードと展開作業が続いて終了します.

コンパイラの動作確認

スタートメニューから MinGW -> MinGW Shell を選んでシェルを起動します.

$ vi hello.c
sh: vi: command not found

ショック….と思ったけど vim って打ったら vim は起動した.とりあえず以下の内容でファイルを作成.

#include<stdio.h>
int main(int argc, char* argv[])
{
        printf("Hello, MinGW world!!\n");
        return 0;
}

保存したらコンパイルして実行してみる.

$ gcc -o hello.exe hello.c

$ ./hello.exe
Hello, MinGW world!!

ちゃんと動いたっぽいので動作確認終了.

おまけ

$ gcc --version
gcc.exe (GCC) 4.5.2
Copyright (C) 2010 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

gcc のバージョンは 4.5.2 らしい.